2017/12/03 14:00

「出てくるたびに驚いて」 松雪泰子、人間的要素削いだ「ハガレン」ラスト役を語る

妖艶なオーラをまといラスト役に 扮した松雪泰子
妖艶なオーラをまといラスト役に 扮した松雪泰子

 [映画.com ニュース] 女優・松雪泰子が、実写映画「鋼の錬金術師」(公開中)で“ホムンクルス”の1人である“色欲のラスト”に扮し、妖艶なオーラを全身にまとっている。突如として暗闇から現れては、計画に仇なす者を葬り去っていく危険な女性。「こんなに悪役なのも初めて」という松雪が、こだわり抜いた役づくりと、今作の持つ意義を語った。

荒川弘氏による世界的人気漫画を、「Hey! Say! JUMP」山田涼介の主演、CG技術に長けた曽利文彦監督のメガホンで実写化。物質を変化させる“錬金術”が中心の世界を舞台に、失った母を生き返らせるため人体錬成の禁忌を犯したエド(山田)&アルの兄弟が、絶大な力を秘めた賢者の石を求め旅する姿を描く。

松雪が演じるラストは、賢者の石の背後で暗躍する美女。ホムンクルスと呼ばれる人造人間であり、嫉妬のエンヴィー(本郷奏多)、暴食のグラトニー(内山信二)とともにエドの前に立ちはだかる。権謀術数を張り巡らす底の知れない謎めいた人格、抜群のプロポーション、危うい魅力を持つセリフ回しなどから、原作でも屈指の人気を誇る役どころだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >