2017/12/04 19:00

【東京コミコン2017レポート】2年目で確実にスケールアップ!会場の声は?

 [映画.com ニュース] ポップカルチャーイベント「東京コミックコンベンション2017」(通称:東京コミコン2017)が、12月1~3日に千葉・幕張メッセで開催され、最終日を取材してきました。

 東京コミコンは、アメコミ界の巨匠スタン・リーと、アップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックが立ち上げた「シリコンバレーコミコン」の姉妹イベント。昨年に続き2年目となった今年は、会期が2日間(プラスプレビューナイト)から3日間に増え、会場も2ホールから3ホールに拡大。来場者数も約3万5000人から約4万3000人と増加しました。

 来日ゲストもより豪華に。御年94歳のスタン・リーが2年連続の来日を果たしただけでなく、デンマークの至宝マッツ・ミケルセン(「ハンニバル」)に、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」でファンの涙を誘ったヨンドゥ役のマイケル・ルーカー、ドラマ「キャッスル ミステリー作家は事件がお好き」のネイサン・フィリオン、「ジャッジ・ドレッド」「スター・トレック」シリーズのカール・アーバンがサイン会&写真撮影会を実施。さらに、「スーサイド・スクワッド」でカタナ役を好演した福原かれんが、メインステージを彩りました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >