2017/12/06 13:00

ブライアン・シンガー監督、フレディ・マーキュリー伝記映画から解雇

現場放棄を理由に解雇された ブライアン・シンガー監督 写真:picture alliance/アフロ
現場放棄を理由に解雇された ブライアン・シンガー監督 写真:picture alliance/アフロ

 [映画.com ニュース] フレディ・マーキュリーの伝記映画を製作する米20世紀フォックスが、「職業倫理に反する行動」を理由にブライアン・シンガー監督が解雇をしたと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

 「ボヘミアン・ラプソディ(原題)」はイギリスの伝説的なロックバンド「クイーン」を題材にした伝記映画で、ボーカルのフレディ・マーキュリー役をラミ・マレック(「Mr. Robot」)が演じる注目作。「X-MEN」シリーズのシンガー監督のもと、イギリスで順調に撮影が行われていたかに見えたが、フォックスは12月1日に撮影の一時中断を発表。当初はシンガー監督の健康問題だと思われていたが、実際には現場放棄が原因であることが明らかになった。

 関係者によると、シンガー監督は無断で撮影を休むようになり、これを理由に主演のレミ・マレックと対立。あるときは激しい口論となり、シンガー監督がマレックに対して何かを投げつけたという。また、マネジャー役を務めていたトム・ホランダー(「スパイダーマン:ホームカミング」)もシンガー監督の無責任な行動を理由に降板したものの、説得されて現場に戻ったという。決定的だったのは、感謝祭の休暇明けにシンガー監督がイギリスの撮影現場に戻らなかったことだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >