2017/12/06 16:00

抗NMDA受容体脳炎と闘う女性描く「彼女が目覚めるその日まで」原作者が来日

映画にもプロデューサーとして参加
映画にもプロデューサーとして参加

 [映画.com ニュース]「キック・アス」シリーズや「イコライザー」で知られるクロエ・グレース・モレッツが、「抗NMDA受容体脳炎」と闘った女性を演じた「彼女が目覚めるその日まで」の原作者スザンナ・キャハラン氏が来日し、12月5日に都内で行われたトークイベントに参加した。

 ジャーナリストのキャハラン氏によるベストセラー回顧録「脳に棲む魔物」を、シャーリーズ・セロン製作で映画化。ニューヨークポスト紙で記者として働いていたスザンナ(モレッツ)は、当時は原因不明の病とされていた「抗NMDA受容体脳炎」に倒れてしまう。原因が判明せず、医者からも見放されるなか、スザンナは家族や恋人と共に病と闘っていく。

 本作のプロデューサーも務めたキャハラン氏は、「闘病中はどん底の日々でしたが、今は感謝の気持ちでいっぱいです」と笑顔。「この経験を通して、この病気を周知させるという目的意識をもって生きるという決断が得られました。それが、自分にとって1番大きな変化かもしれません。大切な人たちが、どんな状況になってもそばにいてくれるという確信が得られたことも大きかったです」としみじみと語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >