2017/12/07 14:42

マーク・ハミル、「SW」最新作最大の衝撃は「また役が回って来たこと」

会見を行った(左から)キャスリーン・ケネディ、マーク・ハミル、アダム・ドライバー、ライアン・ジョンソン監督
会見を行った(左から)キャスリーン・ケネディ、マーク・ハミル、アダム・ドライバー、ライアン・ジョンソン監督

 [映画.com ニュース]人気SFシリーズ最新作「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」に出演したマーク・ハミルとアダム・ドライバー、メガホンをとったライアン・ジョンソン監督、プロデューサーでルーカスフィルムの代表のキャスリーン・ケネディが来日し12月7日、都内で会見した。

 本作は、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(2015)から始まった新たな3部作の第2作。主人公レイがフォースを覚醒させ、ルーク・スカイウォーカー(ハミル)を訪ねた前作のその後を描く。ケネディは、今作の“衝撃ポイント”について「この映画の素晴らしいところは、光と闇の緊張感があるところです。レイは非常に衝撃的な変身を遂げていく。ルーク・スカイウォーカーやカイロ・レンとの関係を通して、自分が何者なのかを探っていくんです」と真摯に回答。一方、隣で聞いていたハミルは「僕にとっての最大の衝撃は、また役が回ってきたことだよ。まさか、ジェダイになると年金プランまでついてくるとはね(笑)」とおどけてみせ、会場の笑いを誘っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >