2017/12/08 15:00

放送映画協会賞は「シェイプ・オブ・ウォーター」が最多14ノミネート

最多14ノミネート! (C)2017 Twentieth Century Fox
最多14ノミネート! (C)2017 Twentieth Century Fox

 [映画.com ニュース] 第23回クリティック・チョイス・アワードのノミネートが発表され、ギレルモ・デル・トロ監督のファンタジーロマンス「シェイプ・オブ・ウォーター」が作品賞を含む最多14ノミネートを獲得した。

 同作は、米ソ冷戦時代のアメリカを舞台に、政府の極秘研究所の清掃員で働く孤独な女性(サリー・ホーキンス)が、実験対象であるモンスターと恋に落ちる物語。第74回ベネチア国際映画祭で最高賞にあたる金獅子賞を受賞した。

 8ノミネートで続いたのは、「ダンケルク」「レディ・バード(原題)」「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」「コール・ミー・バイ・ユア・ネーム(原題)」の4作品。さらに、「ブレードランナー 2049」が7ノミネート、「ビッグ・シック」「スリー・ビルボード」が6ノミネートで追う展開。今年の賞レースは混戦となりそうだ。

 同賞は、放送映画批評家協会(BFCA)と放送テレビ批評家協会(BTJA)が主催する賞。テレビ番組のノミネーション発表も同時に行われ、作品としてはFXネットワーク「フュード 確執 ベティ vs ジョーン」が最多6ノミネート、放送局・配信サービスとしてはNetflixが最多20ノミネートを獲得した。両賞の授賞式は、2018年1月11日(現地時間)に米サンタモニカで行われる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >