2017/12/08 18:00

錦戸亮×吉田大八監督「羊の木」主題歌はボブ・ディランのカバー曲!

「羊の木」の一場面 (C)2018「羊の木」製作委員会 (C)山上たつひこ いがらしみきお/講談社
「羊の木」の一場面 (C)2018「羊の木」製作委員会 (C)山上たつひこ いがらしみきお/講談社

 [映画.com ニュース] 錦戸亮と吉田大八監督が初タッグを組んだ「羊の木」の主題歌が、ボブ・ディランの楽曲をオーストラリアの鬼才ニック・ケイブがカバーした「DEATH IS NOT THE END」に決定した。

 原作は、第18回文化庁メディア芸術祭優秀賞に輝いた、山上たつひこ原作・いがらしみきお作画による同名漫画。ある地方都市を舞台に住民と元受刑者の不協和音、犯罪者に対する生理的な感覚を描出した問題作だ。

 映画は、吉田監督が大胆なアレンジを施し、原作とまったく異なる結末を描く。さびれた港町・魚深に、元殺人犯の男女6人が移住してくる。彼らの受け入れを命じられた市役所職員の月末は、これが過疎問題を解決するために元受刑者を受け入れる、国家の極秘プロジェクトだと知る。6人は町に溶け込み生活を始めるが、港で身元不明の変死体が発見され、静かな町に波紋が広がっていく。

 本作のエンディングを彩る主題歌「DEATH IS NOT THE END」は、ケイブのほか、カイリー・ミノーグ、英ロックバンド「ザ・ポーグス」のシェイン・マガウアンがボーカルとして参加。彼らが繰り返し歌う「死は終わりではない」というフレーズが、劇中に登場する元殺人犯6人の心境を連想させる。本楽曲は、ケイブ率いる「ニック・ケイブ・アンド・ザ・バッド・シーズ」のアルバム「Murder Ballads」(殺人者の歌)に収録されている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >