2017/12/08 17:00

大女優カトリーヌ・ドヌーブが語るフランス映画の魅力、出演作の選び方

(C)CURIOSA FILMS – VERSUS PRODUCTION – France 3 CINEMA (C)photo Michael Crotto
(C)CURIOSA FILMS – VERSUS PRODUCTION – France 3 CINEMA (C)photo Michael Crotto

 [映画.com ニュース]フランスを代表する2大女優が初共演し、母娘を演じる「ルージュの手紙」が12月9日公開する。助産師として実直な生活を送るクレールが、奔放な振る舞いで人生を謳歌する血のつながらない母親と30年ぶりに再会する。対照的な性格のふたりが、互いを受け入れ新たな関係を構築していく様を「セラフィーヌの庭」のマルタン・プロボ監督が温かなまなざしで描いた女性映画。来日した大女優カトリーヌ・ドヌーブに話を聞いた。

 派手な洋服を着こなし、タバコをふかしながら30年ぶりに再会した娘にはずけずけと物を言い困惑させるベアトリス。ドヌーブ自身のエレガントな佇まいとは一味違ったキャラクターを演じた。「好奇心旺盛で、何にでもチャレンジする女性。人生をとことん生きていて、友情も、過去の男性関係も、ギャンブルも、タバコも、お酒も、食べることも、あらゆることにエネルギッシュ。ですから、演じるのにも非常にエネルギーを使いました。彼女は、人生にどんなことが待ち受けていようとも、今までどおりの生き方を貫きます。後退したり、落ち込むことなしに突き進むのです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >