2017/12/09 10:30

韓国の鬼才キム・ギドク監督、女優暴行で罰金約52万円の略式起訴

「メビウス」をめぐるトラブルが決着
「メビウス」をめぐるトラブルが決着

 [映画.com ニュース] 韓国の鬼才キム・ギドク監督が女優を暴行した事件で、ソウル中央地検は12月7日(現地時間)、ギドク監督を罰金500万ウォン(約52万円)で略式起訴したようだ。

 事件は、「メビウス」(2013)で出演するはずだった女優(氏名非公開)が、撮影中に演技指導として頬を叩かれ、当初脚本になかった激しいベッドシーンを強要されたというもの。ギドク監督は今年8月に刑事告訴されていた。

 聯合ニュース英語版によれば、ギドク監督は11月に当局の取調べに応じ、殴打した事実は認めたものの、女優の感情を高めるためだったと弁明。ベッドシーンの強要については、記憶にないと話したようだ。

 現在56歳のギドク監督は、刑事告訴された直後の声明で、「正確な記憶ではない」としながらも、「自分がカメラを回しながら夫目線で彼女を叩く場面を撮影したかもしれないし、どの程度たたけばいいのか彼女に示すために自分で自分の頬を叩いたかもしれない」と釈明。「作品の事実性を高めるため」で「個人的な感情は皆無」であり、「監督として最善を尽くす過程で生じた誤解」だと述べていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >