2017/12/09 18:30

5年間でオスカー32部門ノミネート!気鋭レーベル、アンナプルナ・ピクチャーズに迫る

「デトロイト」で自社配給にも乗り出した
「デトロイト」で自社配給にも乗り出した

 [映画.com ニュース] 2018年のオスカー前しょう戦が始まり、有力候補がしのぎを削っている。「シェイプ・オブ・ウォーター」(18年3月1日公開)や「スリー・ビルボード」(18年2月1日公開)のフォックス・サーチライト・ピクチャーズ、「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」(18年3月公開)の20世紀フォックス、「コール・ミー・バイ・ユア・ネーム(原題)」(18年春公開)のソニー・ピクチャーズ・クラシックス、「レディ・バード(原題)」「The Florida Project(原題)」のA24など、大手から気鋭のスタジオまでが入り乱れる混戦状態となっている。

 そのアカデミー賞で、わずか5年間で32部門にノミネートしたという驚くべき実績を持つ映画会社がある。それが、11年4月1日に設立されたアンナプルナ・ピクチャーズだ。6年の間に、製作プロダクションとして「ザ・マスター」「ゼロ・ダーク・サーティ」「アメリカン・ハッスル」「her 世界でひとつの彼女」「フォックスキャッチャー」「20センチュリー・ウーマン」や、オスカーg有力作のひとつ「Phantom Thread(原題)」などに携わってきた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >