2017/12/10 19:30

山田裕貴“兄貴”、健太郎のオーラに太鼓判「ケンシロウみたい」

健太郎と山田裕貴
健太郎と山田裕貴

 [映画.com ニュース] 若手俳優・健太郎が12月10日、東京・シネマート新宿で行われた、長編初主演作「デメキン」の大ヒット御礼舞台挨拶に、共演の山田裕貴、メガホンをとった山口義高監督、脚本を執筆した足立紳とともに出席した。

 「健太郎の印象」を問われた足立は、自身の監督デビュー作「14の夜」に健太郎が出演したことについて触れ「『14の夜』から半年くらいだと思うが、僅か半年でえらいオーラが出ちゃってるなという感じ。声がかけづらかったですよ」と成長ぶりを称える。山田は、即座に「ケンシロウ! ケンシロウみたいなオーラがね」と同調しつつ笑いを誘うも、客席のファンは山田の“ボケ”に気づかずノーリアクション。「『北斗の拳』(のキャラクター)だよ」と補足すると、ようやく笑いが起こり、山田は「今日なんか(場内のテンションが)ロースタートだね。休日だから、皆さんちょっと気持ちがね(笑)」と胸をなでおろしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >