2017/12/10 20:05

「最後のジェダイ」ワールドプレミア開催!デイジー・リドリー“SW愛”の大きさを実感

取材に応じたデイジー・リドリー
取材に応じたデイジー・リドリー

 [映画.com ニュース] 大ヒットSFシリーズ最新作「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のワールドプレミアが12月9日(現地時間)、米ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで行われた。テントで囲われた約300メートルにおよぶレッドカーペットには、世界各国から約400人の報道陣が駆けつけた。

 巨大なAT-M6やコスチューミング団体「501部隊」が見守るなか、まずはストームトルーパーの軍団が行進。続いて、真紅の装甲服が印象的な新キャラクターのエリート・プレトリアン・ガードが多彩な武器でポーズを決めながら歩くと、ダークな色合いが目を引くBB-9E、BB-8やC-3PO&R2-D2のコンビがお茶目なモーションで集まった報道陣を沸かせていた。

 この日は、ライアン・ジョンソン監督をはじめデイジー・リドリー、ジョン・ボヤーガ、アダム・ドライバーに加え、旧3部作の主人公で「スター・ウォーズ フォースの覚醒」でカムバックを果たしたマーク・ハミルらが結集。別作品撮影のため、6日に行われた来日イベントを欠席していたリドリーは「残念ながら日本には行けなかったのですが、今日がロサンゼルス、この後ロンドン、そして上海を回ります。こうやって世界を回れることはとても面白い経験です。それぞれの国のファンが少しずつ違うのですが、ファンのみなさんが寄せてくれる“スター・ウォーズ愛”は、どの国も同じく大きなものがあります」とほほ笑むと、日本のファンに向けて「みなさんが映画を楽しんで下さることを願っているわ」とメッセージを贈った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >