2017/12/12 11:00

「ドラゴン・タトゥーの女」続編の新ミカエル役が決定

スベリル・グドナソン 写真:Gtres/アフロ
スベリル・グドナソン 写真:Gtres/アフロ

 [映画.com ニュース] 米ソニー・ピクチャーズ製作によるハリウッド版「ドラゴン・タトゥーの女」の続編「The Girl in the Spider's Web(原題)」に、スウェーデン人俳優スベリル・グドナソンがミカエル役として起用された。本作は、世界的ベストセラー小説「ミレニアム」シリーズの第4弾「蜘蛛の巣を払う女」の映画化となる。

 スウェーデン版「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」に始まる3部作ではノオミ・ラパス、ハリウッド版「ドラゴン・タトゥーの女」ではルーニー・マーラが主人公の天才ハッカー、リスベット・サランデル役を演じた。今回のハリウッド版続編は、ドラマ「ザ・クラウン」でゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞した英女優クレア・フォイが、リスベット役で主演。米バラエティによれば、前作でダニエル・クレイグが演じたジャーナリストのミカエル・ブルムクヴィスト役を、グドナソンが演じるという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >