2017/12/12 13:30

ポール・トーマス・アンダーソン最新作がボストン映画批評家協会賞

「ファントム・スレッド(原題)」の一場面 写真提供:アマナイメージズ
「ファントム・スレッド(原題)」の一場面 写真提供:アマナイメージズ

 [映画.com ニュース] ポール・トーマス・アンダーソン監督の最新作「ファントム・スレッド(原題)」がボストン映画批評家協会賞において、作品賞を含む3冠に輝いた。

 同作は、アンダーソン監督が「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(07)以来10年ぶりに名優ダニエル・デイ=ルイスとタッグを組んだ注目作で、50年代のロンドンを舞台に、有名デザイナー(デイ=ルイス)と彼にインスピレーションを与える女性との恋愛を描く作品。デイ=ルイスが本作をもって俳優引退を宣言していることでも知られている。ボストン映画批評家協会賞において、同作は作品賞と監督賞、オリジナル楽曲賞(ジョニー・グリーンウッド)の3部門を受賞した。

 なお、賞レースで注目を集めている女優グレタ・ガーウィグの監督デビュー作「レディ・バード(原題)」は助演女優賞と脚本賞、「ゲット・アウト」は主演男優賞(ダニエル・カルーヤ)、新人監督賞(ジョーダン・ピール)でそれぞれ2冠に輝いている。

 ちなみに昨年、ボストン映画批評協会は「ラ・ラ・ランド」に作品賞と監督賞を授与している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >