2017/12/12 15:30

ゴールデングローブ賞テレビ部門は「ビッグ・リトル・ライズ」が最多6ノミネート

「ビッグ・リトル・ライズ セレブママたちの憂うつ」の一場面 (C) 2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.
「ビッグ・リトル・ライズ セレブママたちの憂うつ」の一場面 (C) 2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

 [映画.com ニュース] ハリウッド外国人映画記者クラブ(HFPA)の会員投票によって選出される、第75回ゴールデングローブ賞のノミネーションが12月11日(現地時間)に発表された。

 最多6ノミネートを獲得したのは、作家リアン・モリアーティのベストセラー小説をドラマ化したミニシリーズ「ビッグ・リトル・ライズ セレブママたちの憂うつ」。リース・ウィザースプーン、ニコール・キッドマン、ローラ・ダーン、シャイリーン・ウッドリー、ゾーイ・クラビッツといった豪華女優が共演する本作は、カリフォルニアの高級住宅街を舞台に、子どもたちの学校で起こった謎の事件を通じて、不倫、DV、レイプなど、幸せそうに見えた母親たちの抱える闇が徐々に明らかになる。今年のエミー賞では最多5冠を達成しており、シーズン2の制作も既に発表されている。

 続いて、スーザン・サランドンとジェシカ・ラングという2大女優が火花を散らす「フュード 確執 ベティvsジョーン」が、4ノミネートを獲得。本作は、ハリウッド黄金期の名女優ベティ・デイビスとジョーン・クロフォードが共演した1962年の傑作ミステリー「何がジェーンに起ったか?」の舞台裏を描いた作品で、ドラマ界のヒットメーカー、ライアン・マーフィが制作総指揮を手がけた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >