2017/12/13 05:00

押見修造の実体験漫画が映画化決定!南沙良&蒔田彩珠W主演で18年7月公開

脚本は「百円の恋」の足立紳 (C)押見修造/太田出版 (C)2017「志乃ちゃんは自分の名前が 言えない」製作委員
脚本は「百円の恋」の足立紳 (C)押見修造/太田出版 (C)2017「志乃ちゃんは自分の名前が 言えない」製作委員

 [映画.com ニュース] 「悪の華」「スイートプールサイド」などで知られる押見修造氏が実体験を基に描いた漫画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」が実写映画化されることになり、15歳の新鋭女優・南沙良&蒔田彩珠がダブル主演することがわかった。脚本は「百円の恋」などの足立紳が手がけ、2018年7月に全国公開される。

 押見作品のなかでも人気が高い同名青春コミックが、ファン待望の映画化。上手く話せないことに引け目を感じ、周囲となじめずにいる高校1年生・志乃(南)と、音楽好きだが音痴な同級生・加代(蒔田)が出会い、バンド結成をきっかけにコンプレックスや自分のあるべき姿に向き合っていくさまを描いた。

 押見氏は、映画の出来栄えに対し「漫画以上に、まるで現実に起こったことをそのまま切り取ったような感触でした」と太鼓判。主要キャラの仕上がり具合について「生々しく存在していると思いました。泥臭い青春映画でありながら、恥ずかしくなるほどキラキラしていて。そして、むせかえるような思春期のオーラに満ち溢れている。漫画を超えて、広く心に届く作品を作っていただいたことに感謝します」と絶賛のコメントを寄せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >