2017/12/13 07:00

山崎貴監督「鎌倉ものがたり」で得た大いなる確信

 [映画.com ニュース] 「三丁目の夕日」で知られる西岸良平氏の人気漫画を、堺雅人と高畑充希の初共演で映画化した「DESTINY 鎌倉ものがたり」が、12月9日から全国で封切られ、大ヒットスタートを切った。これまでの作品と同様に脚本、VFXを兼ねた山崎貴監督が得た達成感は、想像以上に大きなものだった。(取材・文・写真/編集部)

 映画は、第38回日本漫画家協会賞大賞を受賞し、累計発行部数1000万部を突破した「鎌倉ものがたり」が原作。妖怪、魔物、幽霊など“人ならざる者”がはびこる神奈川・鎌倉で鉄道模型、プラモデル、骨董蒐集など多趣味のミステリー作家・一色正和(堺)と嫁いできた若き妻・亜紀子(高畑)が、数々の怪事件に巻き込まれていくファンタジー大作だ。

 11月7日に行われた完成披露試写会時、山崎監督はVFX作業を経て10月31日に完成したことを報告していたが、それ以上に「(VFXを担当した)白組史上最大のピンチを迎えた。今日完成した作品を見せられることが奇跡のよう」と語り、ホッと胸を撫で下ろしていた。長年にわたり山崎監督を取材し続けてきた筆者は、虚を衝かれた思いでこの一部始終を眺めていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >