2017/12/13 14:30

「エクソシスト」のモデルも同じ病だった?「彼女が目覚めるその日まで」本編映像

ベストセラー回顧録を映画化 (C)2016 ON FIRE PRODUCTIONS INC.
ベストセラー回顧録を映画化 (C)2016 ON FIRE PRODUCTIONS INC.

 [映画.com ニュース] ジャーナリストのスザンナ・キャハラン氏によるベストセラー回顧録「脳に棲む魔物」を、シャーリーズ・セロン製作、クロエ・グレース・モレッツ主演で映画化した「彼女が目覚めるその日まで」の新たな本編映像が、公開された。モレッツの体当たりの熱演を収めている。

 ニューヨークポスト紙で記者として働いていたスザンナ(モレッツ)は、当時は原因不明の病とされていた「抗NMDA受容体脳炎」に倒れてしまう。感情がコントロールできなくなり、強迫観念や幻覚、幻聴に悩まされ、さらには突然わめき散らすなど変わり果てたスザンナに家族や恋人はショックを受けるも、スザンナと共になんとかして治療法を探ろうとする。

 発症率が300万人に1人ともいわれる抗NMDA受容体脳炎は、2007年になってようやく正式名称が付けられた病だ。ごく最近まで“悪魔つき”や精神の病とされており、映画「エクソシスト」のモデルになった少年も、この患者だったのではないかと指摘されている。「8年越しの花嫁 奇跡の実話」(12月16日公開)のモデルとなった女性も抗NMDA受容体脳炎と闘った1人であり、今でも年間1000人がこの病を発症しているという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >