2017/12/14 07:00

リドリー・スコット英断!キャスト降板劇からゴールデングローブ賞3部門ノミネート

ケビン・スペイシーの代役 クリストファー・プラマーも大健闘 写真:Everett Collection/アフロ
ケビン・スペイシーの代役 クリストファー・プラマーも大健闘 写真:Everett Collection/アフロ

 [映画.com ニュース] リドリー・スコット監督がケビン・スペイシーのセクハラ騒動を受け、急遽撮り直した新作「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)」が、第75回ゴールデングローブ賞で3部門ノミネートの獲得を果たしたことに、ハリウッドで驚きの声が挙がっている。

 同作は、1973年に発生した石油王ジョン・ポール・ゲティの孫の誘拐事件を描いた作品で、当初は石油王役をスペイシーが演じていた。しかし、俳優のアンソニー・ラップ(「スター・トレック:ディスカバリー」)が子役時代にスペイシーから性的関係を持ちかけられたと告白したことをきっかけに、複数の人物がスペイシーからのセクハラを暴露。スペイシーは、主演・制作総指揮を務めるドラマシリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」から解雇されるなど影響が各所におよんでいた。

 「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)」は当時撮影が終了し、12月22日の全米公開に向けて仕上げが行われていたものの、スコット監督はベテラン俳優のクリストファー・プラマーを代役に起用し、撮り直しを行うという前代未聞の決断を下した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >