2017/12/15 15:00

クロエと二人三脚で役を構築!「彼女が目覚めるその日まで」原作者「とにかく力強い女優」

映画では製作と脚本監修も担当した スザンナ・キャハラン氏
映画では製作と脚本監修も担当した スザンナ・キャハラン氏

 [映画.com ニュース] クロエ・グレース・モレッツが主演、シャーリーズ・セロンが製作を務め、発症率が300万人に1人ともいわれる「抗NMDA受容体脳炎」を発症した女性の闘病の日々を描いた「彼女が目覚めるその日まで」が、12月16日に全国公開される。映画.comはこのほど、映画の原作となったベストセラー回顧録「脳に棲む魔物」の著者で、本作の製作も担当したスザンナ・キャハラン氏にインタビューを行い、映画の舞台裏やモレッツ、シャロンとの仕事ぶりに迫った。

 17歳でニューヨーク・ポストにインターンシップとして入ったキャハラン氏は、ワシントン大学卒業後同紙に入社し、報道記者として日々の業務に打ち込んでいた。そんな折、2009年・24歳のときに突如として原因不明の病気に陥る。当時は抗NMDA受容体脳炎が広く認知されておらず、キャハラン氏は約7カ月間に及び、パニックや躁鬱(そううつ)状態、幻覚や幻聴、全身のけいれんなどと闘った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >