2017/12/16 15:30

がん闘病中の大林宣彦監督、新作公開にさらなる意欲「あと30年は作る」

主要キャストが勢ぞろい!
主要キャストが勢ぞろい!

 [映画.com ニュース] 大林宣彦監督の最新作「花筺 HANAGATAMI」が12月16日、東京・有楽町スバル座で封切られた。大林監督は、窪塚俊介、満島真之介、矢作穂香、常盤貴子ら出演者とともに舞台挨拶。「見てくださったことでひとつの形、メッセージとして伝わったと思う」と満場のスタートに穏やかな笑みを浮かべた。

 肺がんのステージ4で余命3カ月と宣告された後の昨年夏に撮影した青春群像劇で、大林監督は「余命3カ月と言われ、1年4カ月も生き延びています。あと30年は生き延びて、映画を作ろうと思っている」とさらなる意欲。既に新作の準備に入っているそうで、高畑勲監督夫人から贈られた花束を掲げ、「最近、高畑監督と山田洋次監督と老人3人が仲良くしている。戦争を知っている世代が後世に伝えるために頑張っています」と話した。

 同作にも反戦へのメッセージを込め、「あの戦争(第2次世界大戦)で生き延びちゃったんだから、がんごときで死なねえぞという気持ち。でも、がんのおかけで緊迫感のある映画になった」と思わぬ効果を強調。さらに、「がんは宿子で、私が宿主と考えるようになった。がんも一生懸命生きようとして私の体をむしばんでいるが、私が死ぬとがんも死んでしまう。だから、もっと利口になって仲良く生きようじゃないかと話している」と闘病に懸ける思いを明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >