2017/12/19 11:00

パトリシア・ハースト誘拐事件をジェームズ・マンゴールド監督が映画化 エル・ファニングが主演か

主演候補に名を挙げられている エル・ファニング Photo by JB Lacroix/WireImage
主演候補に名を挙げられている エル・ファニング Photo by JB Lacroix/WireImage

 [映画.com ニュース] 「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」「LOGAN ローガン」のジェームズ・マンゴールド監督が、1974年に発生した、新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストの孫娘パトリシア・ハーストの誘拐事件を描く新作で、メガホンをとることがわかった。

 米バラエティによれば、本作は2016年に出版されたジェフリー・トゥービン著の回顧録「American Heiress(原題)」を題材にした作品で、映画のタイトルは未定。原作の映画化権を獲得した米フォックス2000とマンゴールド監督は、主人公パトリシア役にエル・ファニングを希望しており、現在交渉を進めているという。脚本は、「ビッグ・アイズ」(ティム・バートン監督)のスコット・アレクサンダー&ラリー・カラゼウスキー、マンゴールド監督が執筆している。

 1974年当時19歳だったパトリシアは、恋人と一緒にいたところを左翼の過激派組織に拉致されたが、その2カ月後、同じ組織が起こした銀行強盗事件の犯人のひとりとして防犯カメラに映っていたことが発覚。またパトリシア自身も、組織のメンバーとなったという声明を出して世間を騒がせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >