2017/12/20 06:00

妻夫木聡「愚行録」の石川慶監督と再タッグ!ドラマ「イノセント・デイズ」に主演

連ドラへの出演は3年半ぶり!
連ドラへの出演は3年半ぶり!

 [映画.com ニュース] 俳優の妻夫木聡が、早見和真氏の小説を映像化する連続ドラマW「イノセント・デイズ」に主演することがわかった。妻夫木にとって連続ドラマへの出演は「若者たち2014」以来3年半ぶりのこと。「連続ドラマW」枠への参加は初となり、女性死刑囚の無実を信じ続ける男性を熱演している。

 第68回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞した早見氏の同名小説(新潮文庫刊)を、「愚行録」の石川慶監督がドラマ化。佐々木慎一(妻夫木聡)は、幼なじみの田中幸乃が、元交際相手の住むアパートに火を放ち妻子を焼死させたとして死刑判決を受ける姿を法廷で見つめていた。幼少期の幸乃を知り、ある“負い目”を持つ慎一は、彼女が真犯人ではないと直感し、味方を探してさまざまな人々のもとを訪問し始める。だが、先々で幸乃の壮絶な過去を聞き、意外な真実にたどり着く。

 妻夫木が石井裕也監督とタッグを組んだ「ぼくたちの家族」の原作者でもある早見氏。「『僕に原作を預けていただくことはできませんか?』。妻夫木さんに電話でそう尋ねられた日のことをいまでも鮮明に覚えています」と企画の意外な始まりを説明した。「そんなことが可能なのか、と真っ先に思った一方で、このときにはもう映像化の成立、そしてあえていうと成功のイメージを持っていた気がします」と振り返り「強い思い入れを持ってくれた方に預けられた原作だけが幸せになれると、本気で信じているからです」と全幅の信頼を置いている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >