2017/12/20 15:00

「ユダヤ人を救った動物園」監督、J・チャステインを絶賛「優れた女優すぎて言葉にできない」

実写版「ムーラン」の監督に抜てき (C)2017 ZOOKEEPER'S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.
実写版「ムーラン」の監督に抜てき (C)2017 ZOOKEEPER'S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

 [映画.com ニュース] 第2次世界大戦中のポーランド・ワルシャワで、ナチスドイツから迫害を受けていたユダヤ人を動物園の檻(おり)にかくまい、300人の命を救った夫婦の実話を映画化した「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」(公開中)のメガホンをとったニキ・カーロ監督が、作品にかけた思いを語った。

 「モリーズ・ゲーム(原題)」で、第75回ゴールデングローブ賞にノミネートされたジェシカ・チャステインが、人も動物も分け隔てなく愛する園長夫人のアントニーナを演じた本作。ディズニーの実写版「ムーラン」が控えるカーロ監督は、「この映画で描きたかったのは、戦時下において女性がどれだけ勇気のある行いをしたのか、どういう経験をしたのかということ。戦争というのは、男性だけに起きたことではなくて、女性にも、子どもにも、それから動物にも起きたことだった」と明かしつつ、「だから脚本を書いているときも、映画化の計画を練っているときも、アントニーナが作り上げたサンクチュアリ(聖域)を描くということにフォーカスすることが目標だった。もちろん彼女の夫も戦地に行くわけだから緊迫感はあるし、戦争のシーンも描いたけれど、でも映画の大半は、この動物園の中に作られた彼女のサンクチュアリについてだったわ」と本作の特徴について語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >