2017/12/20 19:00

来日中のウィル・スミス「ブライト」はNetflixだからこそ生み出せた作品!

提灯を渡されてご機嫌
提灯を渡されてご機嫌

 [映画.com ニュース] Netflixオリジナル映画「ブライト」の出演者ウィル・スミス、ジョエル・エドガートン、ノオミ・ラパス、メガホンをとったデビッド・エアー監督が12月20日、都内で行われた来日会見に出席し、報道陣からの質問に答えた。

 人間を含めたさまざまな種族が共存している架空の米ロサンゼルスを舞台にしたアクション大作。人間のウォード(スミス)と怪物オークのジャコビー(エドガートン)の警察官コンビが、巡回中の夜に謎の少女と魔法のつえ(マジック・ワンド)に出会ったことで、地球の運命をも左右する大きな事件に巻き込まれていくさまを描く。「クロニクル」「エージェント・ウルトラ」のマックス・ランディスが製作総指揮・脚本を務めた。

 スミスは自らマイクをもって報道陣の元へと走ったほか、舞台転換の際にはスタッフを手伝うなどサービス精神をフルに発揮し、場内を笑いに包む。質疑応答の際も、「本作は、現実社会とは全く違う構造の中で人種差別や偏見、階級制度を描いているんだ」とまじめに語ったかと思えば、「ジョエル(・エドガートン)との相性は、クラシックなハリウッド映画のロマンス関係に似ていたね。オークのメイクをした彼を見ていると、僕の中で何かが起こるんだ(笑)」とジョークを飛ばし、気さくな人柄を見せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >