2017/12/21 19:00

松坂桃李×三浦大輔監督「娼年」に真飛聖、江波杏子、西岡徳馬、冨手麻妙ら出演!

「娼年」全キャスト発表 (C)石田衣良/集英社 2017映画「娼年」製作委員会
「娼年」全キャスト発表 (C)石田衣良/集英社 2017映画「娼年」製作委員会

 [映画.com ニュース] 第126回直木賞候補となった石田衣良氏の小説を、三浦大輔監督と松坂桃李のタッグで映画化する「娼年」の全キャストが発表され、真飛聖、江波杏子、西岡徳馬、冨手麻妙らの出演が明らかになった。

 「娼夫」として生きる男を主人公に性の極限を描いた同名小説を、2016年に上演した舞台版が大きな反響を呼んだ三浦監督と主演・松坂のコンビで映画化。秘密の会員制ボーイズクラブ「パッション」で娼夫として働くことになった青年・リョウが、女性たちの欲望を引き出すなかで、自らを解放していく姿をつづる。

 元宝塚トップスターの真飛が、リョウを娼夫の世界に引き入れる「パッション」のオーナー・御堂静香、「アンチポルノ」「東京ヴァンパイアホテル」など園子温監督作品で存在感を発揮してきた冨手が静香の娘・咲良に扮し、西岡と江波が娼夫の客を演じる。真飛は「人は大人になるにつれ、心に抱えている思いを吐き出しにくくなるものですが、この『娼年』という作品は、そんな女性たちの心の闇、そして生きていく中で本当は切っても切れない性(さが)を大胆かつ繊細に描いています」と本作の魅力を語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >