2017/12/23 09:00

国際アニメフェス開催!「新感染」監督の初長編アニメ、M・ゴンドリー異色作など珠玉の28作

日本初上映作品が多数
日本初上映作品が多数

 [映画.com ニュース]国際アニメーションフェスティバル「GEORAMA 2017-18 presents ワールド・アニメーション『長編アニメーションの新しい景色』」の開催が決定し、上映ラインナップ28作品が発表された。長編19本、短編9本で、「新感染 ファイナル・エクスプレス」を手がけたヨン・サンホ監督の初長編アニメ「豚の王」、ミシェル・ゴンドリーの異色作「背の高い男は幸せ?」など多彩な作品がそろう。米インディペンデント界を代表するアニメーション作家ドン・ハーツフェルトの最新作「明日の世界II 他人の思考の重荷」のジャパンプレミアをはじめ、7作品が日本初上映、1作品が世界初上映となる。

 「GEORAMA」は、2014年に吉祥寺バウスシアターはじまった国際アニメーションフェスティバル。第3回となる今回は、メイン企画として、「21世紀のアニメーションがわかる本」(フィルムアート社刊)を手がけた土居伸彰氏(新千歳空港国際アニメーション映画祭フェスティバル・ディレクター)が選んだ世界各国の長編アニメーションを上映する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >