2017/12/23 21:56

井浦新「芝居から身を引いた時期」に救ってくれた越川道夫監督へ熱い感謝

佐伯一麦氏の小説を映画化
佐伯一麦氏の小説を映画化

 [映画.com ニュース]佐伯一麦氏の小説を映画化した「二十六夜待ち」が12月23日、東京・テアトル新宿で封切られ、ダブル主演の井浦新と黒川芽以、メガホンをとった越川道夫監督が舞台挨拶に出席した。

 第30回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門出品作。震災で傷ついた男女の孤独と愛を描くR-18の大人のラブストーリーで、井浦と黒川の20分に及ぶ大胆な濡れ場が話題となった。記憶を失った飲み屋の店主・杉谷に扮した井浦は、「少人数で撮った今作が公開を迎え、僕たちのもとから旅立っていくことができて、劇場にも感謝していますし、駆けつけてくださった皆さまにも本当に感謝しています」と、穏やかだが熱意のこもった口調で謝辞を述べた。

 杉谷と心と体を寄り添わせるヒロイン・由実役の黒川は、「20代最後の作品で、気合いが入っていた」と明かす。20代最後は「自分のなかで集中できる作品をやりたい」と決めていたそうで、「(オファーを受け)難しくもやりがいのある役で、率直に嬉しいと思った。集中できる作品をやり、悔いなく20代を終えられると思いました」と充実感をにじませた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >