2017/12/25 18:00

山田杏奈主演「ミスミソウ」“覚悟”必須の特報完成! 清水尋也の参戦も決定

美しい白銀の世界が血に染まる (C)押切蓮介/双葉社 (C)2017 「ミスミソウ」製作委員会
美しい白銀の世界が血に染まる (C)押切蓮介/双葉社 (C)2017 「ミスミソウ」製作委員会

 [映画.com ニュース] 「ハイスコアガール」「でろでろ」などで知られる押切蓮介氏の漫画を、内藤瑛亮監督が実写映画化する「ミスミソウ」の特報が、このほど完成した。あわせて、追加キャストも発表され、「ソロモンの偽証」(前篇・後篇)、実写版「ちはやふる」といった話題作への出演が相次ぐ清水尋也の参加がわかった。

 「ライチ☆光クラブ」「先生を流産させる会」の内藤監督が、“最強のトラウマ漫画”と謳われる同名コミックを映画化。雪が舞い散る田舎町に渦巻く、嫉妬、虐待、絶望など“人間の負のエネルギー”を、激しいバイオレンス描写とともに映し出す。ゲームアプリ「城とドラゴン」のCM、人気バンド「KANA-BOON」のミュージックビデオへの出演で話題を呼んだ新進女優・山田杏奈が、壮絶ないじめを受け、心が崩壊していく少女・野咲春花という難役に挑戦する。

 タテタカコによる主題歌「道程」が流れる特報は、家族を焼き殺された春花が壮絶な復讐に身を投じるさまを活写。白銀の世界を赤く染めていく鮮血、身震いするほどの殺りくシーンが連続しており、39秒の映像ながらも視聴には“覚悟”が必須だ。「特報映像を見ると撮影の時の雪の冷たさを思い出します」と述懐した山田は「一面の雪の中に飛ぶ血は残酷だけどとても綺麗な画だなと思いました」と感想を述べている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >