2017/12/27 10:00

まるで本人!「チャーチル」ゲイリー・オールドマンの熱演収めた90秒予告編公開

英国を代表するスタッフ・キャストが集結 (C) 2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.
英国を代表するスタッフ・キャストが集結 (C) 2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] ゲイリー・オールドマンが元英国首相のウィンストン・チャーチルを演じ、第75回ゴールデングローブ賞の主演男優賞(ドラマ)にノミネートされた「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」の90秒予告が、公開された。

 舞台は、1940年、第2次世界大戦初期。ナチス・ドイツの勢力が拡大し、イギリスにも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がフランス・ダンケルクの海岸で窮地に追い込まれるなか、英国首相に就任したばかりのウィンストン・チャーチル(オールドマン)は、ヒトラーに屈するのか、戦うのか、究極の選択を迫られる。チャーチルを支える妻クレメンティーンを「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・トーマス、秘書エリザベスを「ベイビー・ドライバー」のリリー・ジェームズがそれぞれ演じる。

 映像では、困難な時代に首相となったチャーチルの表と裏、2つの顔が描かれる。勢いを増すナチス・ドイツに恐れをなし、「ヒトラーの要求をのもう」「侵略は目前だ」と政治家たちが白旗を掲げようとするなか、「道理が通じる相手ではない!」とき然とした態度を貫く姿、自分の決断に迷い「とても怖い」と本音を吐露する姿、妻や市民に支えられ、再び立ち上がる姿などが次々と描かれ、人間・チャーチルに迫る内容となっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >