2017/12/27 21:30

米ユニバーサル、2017年世界興収50億ドル突破

「ワイスピ」「ミニオン大脱走」がメガヒット (C)Universal Pictures
「ワイスピ」「ミニオン大脱走」がメガヒット (C)Universal Pictures

 [映画.com ニュース] 米ユニバーサル・ピクチャーズの2017年の世界興行収入が50億ドルを突破した。米ウォルト・ディズニー、ワーナー・ブラザースに続き3社目だ。

 米バラエティによれば、年間の世界興収が50億ドルを超えたのは、105年の歴史を誇る同スタジオ史上2度目。人気カーアクションシリーズ第8弾「ワイルド・スピード ICE BREAK」が最終興収(グロス)12億3000万ドル、イルミネーション・エンタテインメントによる人気アニメ第3弾「怪盗グルーのミニオン大脱走」がグロス10億3000万ドルを記録し、成績を押し上げた。17年に世界興収10億ドル超を達成したのは、同2作のほか、ディズニーの「美女と野獣」(12億6350万ドル)だけだ。

 「ワイルド・スピード ICE BREAK」は、全世界オープニング興収5億4200万ドルをたたき出し、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(15)の記録5億2900万ドルを抜き歴代1位に。北米を除いたインターナショナルのオープニング成績でも歴代最高の4億4320万ドルをマークした。さらに、中国で公開された海外作品の中で過去最高の成績をあげている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >