2017/12/30 06:00

米ワーナー・ブラザース、2017年の全世界興収50億ドル超え

世界中のボックスオフィスを席巻した「ワンダーウーマン」 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
世界中のボックスオフィスを席巻した「ワンダーウーマン」 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

 [映画.com ニュース]先ごろ、3年連続の全世界興収50億ドル越え達成を発表した米ウォルト・ディズニーに続き、米ワーナー・ブラザースも2017年の全世界興収が50億ドルを突破したと発表した。

 米バラエティによれば、年間の全世界興収が50億ドルを超えたのは、同スタジオ史上2度目の快挙。また、40億ドル以上に達したのも、創立以来8度目となる。

 この夏、世界中のボックスオフィスを席巻した「ワンダーウーマン」を筆頭に、「キングコング 髑髏島の巨神」「ダンケルク」「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」「ジャスティス・リーグ」の5作品が、全世界興収5億ドル超えの大ヒットを記録する快進撃を見せたワーナー。ちなみに、現時点までの全世界興収としては、8億2100万ドルでダントツのトップとなった「ワンダーウーマン」以下、「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」が6億9400万ドル、「ジャスティス・リーグ」が5億7000万ドル、「キングコング 髑髏島の巨神」が5億6600万ドル、「ダンケルク」が5億2500万ドルを稼ぎ出している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >