2018/01/01 12:00

テロ事件に遭遇した本人が主演!イーストウッド監督最新作「15時17分、パリ行き」予告完成

関係者が多数出演
関係者が多数出演

 [映画.com ニュース] 「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」を手がけたクリント・イーストウッド監督の最新作「15時17分、パリ行き」の予告編が、公開された。

 2015年に起こったタリス銃乱射事件を題材に、実際の事件に巻き込まれた人物を“本人役”としてキャスティングした作品。554人の乗客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリス車内で、武装したイスラム過激派の男が自動小銃を発砲。たまたま乗り合わせていた幼なじみの若者3人が、テロリストに立ち向かっていく。「LOGAN ローガン」「夜に生きる」などでアシスタントを務めてきた、新人脚本家ドロシー・ブリスカルが脚本を担当した。

 予告編は、スペンサー・ストーン、アレク・スカラトス、アンソニー・サドラーの幼なじみ3人が、高速鉄道の中で旅行を楽しんでいる姿から始まる。だが、平和な時間はテロリストの出現により一変。予告編では、3人の幼少期から今に至るまでの人生を描きつつ、スペンサーが勇敢にもテロリストに向かって走っていくシーンで幕を閉じる。「ハドソン川の奇跡」でもイーストウッドと組んだ作曲家クリスチャン・ジェイコブの叙情的なスコアもドラマの質を高め、見る者の感情を揺さぶる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >