2018/01/02 16:00

人間の狂気をあぶり出す! 「サニー32」白石和彌監督が支持される理由

「サニー32」メイキングカット (C)2018「サニー/32」製作委員会
「サニー32」メイキングカット (C)2018「サニー/32」製作委員会

 [映画.com ニュース]北原里英主演の白石和彌監督作「サニー32」が、2月9日に新潟・長岡、同17日から全国で公開される。白石監督は、「凶悪」(2013)、「日本で一番悪い奴ら」(16)、「彼女がその名を知らない鳥たち」(17)など人間の狂気をあぶり出す話題作を世に送り出し、5月には役所広司と松坂桃李が共演する「孤狼の血」の公開を控える、今もっとも注目される映画監督のひとりだ。その人気の理由を、「サニー32」プロデューサーの高橋信一氏が明かした。

 「サニー32」をはじめ、前出の「日本で一番悪い奴ら」、そして「日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」の1作「牝猫たち」(17)で白石監督とタッグを組んできた高橋氏は、白石監督が映画関係者やファンに支持される理由を「社会性や作品性が強い題材であっても、映画として様々な“エンターテインメント”を提案してくれるということだと思います」と語る。「ジャンルもテーマがまったく違いながら、観客に“エンターテインメントを届けるために、手を替え品を替え努力する姿にプロデューサーとしては頭が下がります」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >