2018/01/03 18:00

最難関は“人間”の表現!? 「リメンバー・ミー」が乗り越えたハードル

リー・アンクリッチ監督が 表現のこだわりを明かす! (C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
リー・アンクリッチ監督が 表現のこだわりを明かす! (C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] ディズニー/ピクサーの新作「リメンバー・ミー」(2018年3月16日公開)のメガホンをとったのは、「モンスターズ・インク」「トイ・ストーリー3」といった作品で愛らしいキャラクターを創造してきたリー・アンクリッチ監督だ。本作では初めて人間の少年を主人公にした物語を描くことになったが「おもちゃやモンスターより間違いなく人間の方が大変だと言えるよ」と乗り越えなければならないハードルが存在したようだ。

 1年に1度だけ他界した家族に会えるという“死者の日”を題材にした、笑いと感動のミステリーアドベンチャー。一族のおきてで大好きな音楽を禁止されたギター少年ミゲルが、憧れの伝説的ミュージシャン、デラクルスの霊廟に飾られていたギターを手にしたことをきっかけに、まるでテーマパークのように楽しく美しい「死者の国」へと迷いこんでしまう。

 過去作と比べて、キャラクターデザインにかなり苦労した様子のアンクリッチ監督。「ただおもちゃに命を吹き込むだけなら、たくさん自由なことができる。なぜなら、命を吹き込まれたおもちゃやモンスターがどういう風に見えるのか、誰も知らないからだ。でも人間の場合、僕たちみんな人々がどう動くのか、どう振る舞うかを知っている。だからキャラクターのデザインからアニメーションまで、達成しないといけないハードルがずっと高くなったんだ」と製作当時を振り返ると、ストーリー面においても「これまでに直面したことがない新しいチャレンジ」が待ち受けていたことを明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >