2018/01/05 20:00

永尾まりや×菊地麻衣×岡本夏美×あの「咲 Saki 阿知賀編」に参戦!

永尾&菊地はドラマ版特別編、 岡本&あのは映画版に出演 (C)小林 立/SQUARE ENIX・ 「咲阿知賀編」プロジェクト
永尾&菊地はドラマ版特別編、 岡本&あのは映画版に出演 (C)小林 立/SQUARE ENIX・ 「咲阿知賀編」プロジェクト

 [映画.com ニュース] 人気麻雀漫画「咲 Saki」の“阿知賀編”をドラマ&映画化する「咲 saki 阿知賀編 episode of side-A」の追加キャストが発表され、実写化プロジェクト第1弾「咲 Saki」に出演していた永尾まりや、菊地麻衣、岡本夏美、あの(ゆるめるモ!)が参加することがわかった。

 物語は麻雀の競技人口が1億人を超え、メジャースポーツとなった世界を舞台に、美少女たちが全国高校麻雀大会を目指し青春を捧げる姿を描く。2016~17年にかけて浜辺美波主演で第1弾実写化プロジェクトが開始され、ビジュアルの再現度やドラマ性が高く評価された。実写化第2弾となる今作は、奈良県代表「阿知賀女子学院」麻雀部の大将を務める高鴨穏乃(桜田ひより)が、親友だったネット最強雀士“のどっち”こと原村和と再戦するため、仲間を集め全国大会に臨むさまを映し出す。

 参戦が明らかになったのは、「咲 Saki」で主人公・宮永咲(浜辺)が通う長野・清澄高校と県予選決勝で対決し、強烈なインパクトを放ちながらも敗れ去ってしまったライバル高校のメンバーだ。龍門渕高校からは、原村和をライバル視する龍門渕透華(永尾)と得意の海底撈月(ハイテイラオユエ)で各校の大将を苦しめた天江衣(菊地)、鶴賀学園からは“かじゅモモ”コンビこと加治木ゆみ(岡本)&東横桃子(あの)が登場。龍門渕高校の2人はドラマ版の特別編、鶴賀学園のコンビは映画版に出演する。

 「咲 saki 阿知賀編 episode of side-A」は、前作に引き続き小沼雄一が監督、森ハヤシが脚本を担当。ドラマ版の特別編は、MBSで1月7日深夜0時50分、TBSで1月9日深夜1時28分より放送され、映画版は1月20日から東京・新宿バルト9ほか全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >