2018/01/06 18:00

中井貴一&佐々木蔵之介、新年早々まさかの衣装かぶり「バディ感出てよかった」

中井貴一&佐々木蔵之介
中井貴一&佐々木蔵之介

 [映画.com ニュース] 中井貴一と佐々木蔵之介が主演を務めた「嘘八百」の公開記念舞台挨拶が1月6日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、2人をはじめ、共演の友近、森川葵、メガホンをとった武正晴監督が出席した。

 「百円の恋」の武監督と脚本家・足立紳が再タッグを組み、NHK連続テレビ小説などを手がける脚本家・今井雅子も参加したコメディ。古物商の小池則夫(中井)と、落ちぶれた陶芸家・野田佐輔(佐々木)が、「千利休の幻の茶器」という真っ赤な嘘を仕立て上げ、一攫千金を狙うさまを描く。

 この日は「真っ赤な嘘」とかけて、登壇者全員が赤を取り入れた衣装で登場したが、主演2人はそろって真っ赤なタートルネックをまとい、まさかの衣装かぶり。佐々木が「打ち合わせは一切していません」と説明すると、客席から笑いが沸き起こる。中井は、「危なく(佐々木と同じ)黒のスーツを選ぶところだった。でも劇中で黒を着ているから、違うのを着てきた。よかったです」と胸を撫でおろし、佐々木は「バディ感が出てよかった」と照れまくっていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >