2018/01/06 18:15

桐谷健太、入江悠監督作「ビジランテ」の“中毒作用”にニヤリ

舞台挨拶に立った桐谷健太
舞台挨拶に立った桐谷健太

 [映画.com ニュース] 俳優の桐谷健太が1月6日、東京・テアトル新宿で行われた入江悠監督のオリジナル作品「ビジランテ」(公開中)のヒット御礼イベントに出席した。

 「あけましておめでとうございます!」と挨拶し、ファンとがっちり握手を交わしながら、ステージに登壇した桐谷。昨年12月9日の封切りから約1カ月が経過したが、客席はほぼ満席の状態だったため「多くの映画が公開されているなかで来ていただきありがとうございます。嬉しいです」と謝意を示した。「業界の方々にも評判がいいですし、1カ月前に見た人の頭の中にきちんと残っている作品。もう1回見たいと言っていただけている。すごくクセになるというか、中毒性のある映画だと思っています」と語っていた。

 桐谷の言葉通り、観客はリピーター層が多く、なかには8回も鑑賞したというファンも。「マジっすか!? 大丈夫? 大丈夫ですか? 結構重い作品ですけど」と慌てていた桐谷だが、すぐさま報道陣を見つめながら「やっぱり中毒性のある作品みたいですね」とニヤリ。キャラクターのバックグラウンドの説明をなるべく省略していることから「観客それぞれの答えがあると思う。見終わった後に誰かと話したくなるはず。僕もあと何回か見に来ようと思っているんですよ」と話していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >