2018/01/10 14:00

諏訪敦彦監督、岡田利規が感銘した特殊効果の使用は「子どもたちの影響大」

諏訪敦彦監督と岡田利規氏
諏訪敦彦監督と岡田利規氏

 [映画.com ニュース] ヌーベルバーグを代表する俳優ジャン=ピエール・レオ主演作「ライオンは今夜死ぬ」のメガホンをとった諏訪敦彦監督が1月9日、Apple銀座で行われたイベント「Perspectives」に出席。演劇ユニット「チェルフィッチュ」主宰の岡田利規氏を相手に、今作に関するトークを繰り広げた。

 仏日合作「ライオンは今夜死ぬ」は、南仏コート・ダジュールを舞台に、老俳優が洋館で出会った子どもたちと共に映画を作り、心を通わせていく物語。10代の頃は「ラストエンペラー」(ベルナルド・ベルトルッチ監督)といった作品に衝撃を受けて、映画監督に憧れを抱いていた岡田氏。「映画にはフレームがとらえているもののほかに、映っていないものがある。それを存在するという形にもできるし、存在しないということにもできる」と前置きし、同作には「その表現を使用したいくつかの素晴らしいシーンがある」と語った。その言葉を受けて、諏訪監督は「映画というのは、フレームの外に世界が存在していると確信してしまうんですよ。信じられているからこそ、裏切ることもできる」と補足していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >