2018/01/12 13:00

「勝手にふるえてろ」松岡茉優、伊藤沙莉&橋本愛の感想は「励みになった」

芥川賞作家・綿矢りさ氏による小説を映画化
芥川賞作家・綿矢りさ氏による小説を映画化

 [映画.com ニュース]芥川賞作家・綿矢りさ氏による小説を映画化し、第30回東京国際映画祭のコンペティション部門で観客賞を受賞した「勝手にふるえてろ」の大ヒット御礼舞台挨拶が1月11日、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で行われ、映画初主演を飾った松岡茉優、共演の渡辺大知(黒猫チェルシー)、メガホンをとった大九明子監督が登壇した。

 恋愛ド素人のOL・ヨシカ(松岡)が、10年間片思いしている男性・イチ(北村匠海)との“妄想の恋”と、突然付き合うことになった会社の同期・ニ(渡辺)との“現実の恋”との狭間で、悩み傷つきながら成長していく姿を映し出す。12月23日に全国28館で封切られ、その後反響を受けて、37館に上映館を拡大した「勝手にふるえてろ」。松岡は、数多くの感想のなかでも「親友の伊藤沙莉と橋本愛からの言葉が嬉しかった」と告白。「私を10代の頃から知っている同世代の2人からメールをもらったことは、すごく励みになりました。私を知っている人も楽しんでくれたんだなと思ったんです」と語っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >