2018/01/12 17:00

アジア版アカデミー賞で「三度目の殺人」が作品賞候補!「空海」最多6ノミネート

アジア・フィルム・アワードのノミネートが発表 (C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
アジア・フィルム・アワードのノミネートが発表 (C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ

 [映画.com ニュース] 第12回アジア・フィルム・アワードのノミネーションが1月11日に香港で発表され、是枝裕和監督の「三度目の殺人」が作品賞候補に選出された。

 最多6ノミネートに輝いたのは、チェン・カイコー監督作で、染谷将太が主演を務めた中国・日本・香港合作の「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」。監督賞をはじめ、助演女優賞、撮影賞、衣装デザイン賞、美術賞、視覚効果賞で候補に挙がった。

 日本作品では、作品賞候補の「三度目の殺人」のほか、監督賞に石井裕也(「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」)、新人監督賞に岸善幸(「あゝ、荒野」)がノミネート。「彼女がその名を知らない鳥たち」の蒼井優が主演女優賞、「無限の住人」の杉咲花と「三度目の殺人」の広瀬すずが助演女優賞の候補者に名を連ねた。

 2007年に創設された、アジア全域版アカデミー賞にあたる同賞。今年は、新人監督賞とアクション作品賞が新設され、全17部門に拡大。アジア26の国と地域の作品が対象となり、10の国と地域の32作品がノミネートされた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >