2018/01/13 05:00

大谷亮平、映画初主演作でダークヒーローに!表向きは居酒屋店主、裏の顔は闇金屋

 [映画.com ニュース] 人気上昇中の俳優・大谷亮平が、金への欲望や恐怖を描く「ゼニガタ」で映画初主演を飾ることがわかった。表向きは居酒屋経営者だが、深夜0時をまわると超暴利で金を貸し付ける闇金屋に変ぼうする、ハードボイルドなダークヒーロー役に挑戦する。園子音作品の助監督として活躍し、「人狼ゲーム マッドランド」で監督を務めた綾部真弥がメガホンをとり、5月26日から公開される。

 大谷といえば、2003年から韓国を拠点に活動していた“逆輸入俳優”としておなじみ。16年にドラマ「ラヴソング」で日本デビューした後、人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「奪い愛、冬」出演をきっかけに注目を集め、一躍ブレイクを果たした。現在、本田翼とともにダブル主演を務めたドラマ「チェイス 第1章」が配信中で、今夏には出演作「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」も公開される。

 物語の舞台は、路地裏の一角でひっそりと営む居酒屋「ゼニガタ」。兄弟で店を経営する銭形富男(大谷)と静香は、深夜0時をまわると闇金屋という“裏の顔”を見せる。トサン(10日で3割)という違法な高金利で金を貸し、厳しい取り立てで債務者を追い込むのが銭形兄弟のスタイル。兄弟を頼る客は、「パンチ一発1万円」で用心棒を請け負う元ボクサー、地方でくすぶるキャバクラ嬢やヤクザなど、金の魔力にとりつかれたアウトローばかり。返せるあてのない借金を抱え、最後の手段として「ゼニガタ」を訪れた人々の運命を描く。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >