2018/01/13 15:22

クズ男怪演の岡田将生、2018年は“毒舌家”に転向!?

舞台挨拶に立った岡田将生、木村文乃、佐々木希
舞台挨拶に立った岡田将生、木村文乃、佐々木希

 [映画.com ニュース] 柚木麻子氏による恋愛小説を実写映画化した「伊藤くん A to E」の公開記念舞台挨拶が1月13日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われ、ダブル主演の岡田将生と木村文乃、共演の佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆、田中圭、中村倫也、メガホンをとった廣木隆一監督が出席した。

 12日に全国165スクリーンで封切られた今作。スランプに陥ったアラサー脚本家・矢崎莉桜(木村)が、イケメンだが中身は超クズ男である伊藤くん(岡田)との関係に悩む4人の女性、A(佐々木)、B(志田)、C(池田)、D(夏帆)をネタにドラマ脚本を書こうと試みるが、やがて自らも「5番目の女=E」として翻ろうされていく姿を描いた。

 「のどが不調」だという岡田は、ところどころかすれた声で話し客席の笑いを誘う。クズ男・伊藤くんを演じただけに、対面した女優陣から「伊藤くんにストーキングされ、『どうなっても知らないからな』と言われるシーンがあります。(芝居だが)心から気持ち悪いと思った」(志田)など容赦なく酷評され、岡田は「ちょっと待って、悪口言う感じ?」と消え入るような声量で抗議し場内を沸かせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >