2018/01/17 09:00

追加撮影分の高額ギャラで批判受けたマーク・ウォルバーグ、弁護基金に寄付

マーク・ウォルバーグ Photo by Jon Kopaloff/FilmMagic
マーク・ウォルバーグ Photo by Jon Kopaloff/FilmMagic

 [映画.com ニュース] 「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)」の追加撮影で高額出演料を受け取っていたことを批判されていたマーク・ウォルバーグが、女性差別やセクハラ被害者を支援するTime’s Up弁護基金に出演料を寄付すると発表した。米ハリウッド・レポーター紙が報じている。

 リドリー・スコット監督の新作「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)」に出演していた米俳優ケビン・スペイシーのセクハラ騒動が、そもそもの発端。撮影を終えていたものの、同作のプロデューサーはスペイシーをクリストファー・プラマーに差し替えるという異例の決断を下す。スペイシーが演じた石油王ジョン・ポール・ゲッティは主役ではないものの、それでも追加撮影には10日かかる。ミシェル・ウィリアムズをはじめとする多くの出演者たちが格安で撮影に合意したものの、ウォルバーグだけが難色を示した。その結果、10日間の撮影で150万ドルを手にしたとUSAトゥデイ紙が報じている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >