2018/01/17 13:30

「ジオストーム」監督、壊滅する都市に銀座を選んだ理由を明かす

「インデペンデンス・デイ」では 製作・脚本を手がけた (C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
「インデペンデンス・デイ」では 製作・脚本を手がけた (C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

 [映画.com ニュース] 「インデペンデンス・デイ」の製作・脚本を手がけたディーン・デブリンが、長編初メガホンをとったディザスターアクション「ジオストーム」について語った。

 天候を制御できる最新技術を搭載した気象コントロール衛星“ダッチボーイ”が、突如として暴走。不可解な異常気象が同時多発的に起こる地球壊滅災害“ジオストーム”の発生を防ぐべく、衛星開発者と国務省スタッフの兄弟が、絶体絶命の危機に立ち向かう。「エンド・オブ・ホワイトハウス」シリーズのジェラルド・バトラー、「クラウド アトラス」「アップサイドダウン 重力の恋人」のジム・スタージェス、「スリー・ビルボード」(2月1日公開)のアビー・コーニッシュ、エド・ハリス、アンディ・ガルシアらが出演する。

 本作では、世界各地が異常気象で大パニックに陥るさまが迫力の映像と共に描かれており、日本の東京・銀座も登場する。デブリン監督は、銀座を選んだ理由を「世界中の街の中でも、一目見てどこかわかる非常に特徴的な街だし、他にはない雰囲気を持っているからだ」と明かす。劇中では、銀座の歩行者天国に直径5メートルもの超巨大な雹(ひょう)が降り注ぐが、「今回はバスほどのサイズの雹が降ってくるという設定だが、ビルの窓ガラスや、ショーウィンドウ、そして街ゆく車などが破壊されたとき、その衝撃やインパクトの強さを1番よく演出できる街だと思ったんだ。秩序があり、非常に整っている街が崩壊する方が、雑然とした街が崩壊するより強く印象に残るからね」と自身の“破壊の美学”を語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >