2018/01/17 18:00

松江哲明「コンフィデンシャル 共助」のコメディとアクションのバランス感覚を称賛

ライター・てらさわホーク氏も登場
ライター・てらさわホーク氏も登場

 [映画.com ニュース] 韓国で2017年上半期No.1となる観客動員数約781万人を記録した「コンフィデンシャル 共助」のトークイベントが1月16日に都内で行われ、アクション映画に造詣の深いライターのてらさわホーク氏とドキュメンタリー監督の松江哲明が出席。2人によるアクション談義が繰り広げられた。

 韓国の熱血刑事と北朝鮮のエリート刑事という正反対の2人が極秘でタッグを組み、韓国へと逃亡した北朝鮮の犯罪者を捕らえるために史上初の“南北共助捜査”に挑むさまを、ド派手なアクションとともに描き出した本作。ドラマ「シークレット・ガーデン」のヒョンビン、第90回アカデミー賞の韓国代表に選出された「タクシー運転手 約束は海を越えて」(4月21日公開)が控えるユ・ヘジン、女性アイドルグループ「少女時代」のユナらが出演する。

 映画上映後にステージに登壇した松江監督は、映画を堪能したばかりの観客の顔を見渡し、「皆さん和やかな感じがありますね。よく分かります。その延長でお話ができれば」と笑顔でコメント。てらさわ氏も「ホッコリとした感じがしますよね。いいものを見たなという充実感がありましたね」とその意見に同意。さらに松江が「(コメディタッチで)ゆるい映画だと油断させていた分、カーチェイスとかのアクションシーンに力が入っていてすごい映画なんですよ。80点の映画かなと思ったら、意外に85点、90点の映画だったというような。だからいいものを見たなという感覚になるんですよね」と付け加えるなど、すっかりこの映画に魅了された様子の2人だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >