2018/01/18 13:00

永野芽郁、朝ドラヒロインと“シンクロ率100%”!佐藤健が絶賛「大スターになる」

永野芽郁と佐藤健
永野芽郁と佐藤健

 [映画.com ニュース] NHKの平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い。」のスタジオ取材会が1月18日、東京・渋谷の同局スタジオで行われ、主演の永野芽郁と共演の佐藤健が出席した。

 昨年10月下旬に岐阜県東濃地方でクランクインし、現在は関東近郊ロケやスタジオ収録が順調に進行中。ヒロイン・鈴愛(すずめ)役の永野は「撮影に入って約2カ月、ようやく岐阜弁に慣れて、今では日常会話も岐阜弁です」と充実の面持ちで、鈴愛の幼なじみであるクールな理論派・萩尾律役の佐藤は「手応えを感じまくっております。本当に面白く、期待してもらって大丈夫です。撮影していて、永野さんはきっと大スターになるんだろうなと思った」と褒めちぎった。

 物語は片耳の聴力を失いながらも、持ち前のユニークな発想力を生かし少女漫画家を目指していた鈴愛が、高度成長期終盤から現代までを“七転び八起き”で駆け抜け、やがて一大発明を成し遂げる姿を描く。佐藤は鈴愛というキャラについて、「台本を読んだ時点で、僕が幼なじみ役というのもありますが、鈴愛というキャラが大好きになった。見てくださる方も本当に好きになり、鈴愛を見ていればいい、という状態になるくらい魅力的」と評したうえで、「それを演じるのが永野さん。『当て書きだろう』というくらいピッタリすぎて。永野さんが発すればそれが鈴愛になるし、“シンクロ率100%”ですよ。大物キャストとの共演でも堂々としているし、大物だと感じた」と熱弁。これに永野は「感動しちゃった!」と表情をほころばせ、「スターである佐藤さんに『スターになれる』と言われたので、期待しながら日々頑張ります」と気を引き締めていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >