2018/01/18 18:00

「星めぐりの町」エグゼクティブプロデューサーが語る、震災と向き合う覚悟

(左から)西田正弘氏、岩城レイ子
(左から)西田正弘氏、岩城レイ子

 [映画.com ニュース] 「家族はつらいよ」シリーズや「不能犯」(2月1日公開)の小林稔侍と、壇蜜が親子役を演じた「星めぐりの町」のトークイベントが、1月17日に都内で開催。本作のエグゼクティブプロデューサーを務めた岩城レイ子と、震災遺児の支援も行っているNPO団体「あしなが育英会」の東北事務所所長・西田正弘氏が登壇した。

 「蝉しぐれ」で知られる黒土三男監督が、愛知県豊田市を舞台にしたヒューマンドラマ。妻を早くに亡くし、娘の志保(壇蜜)と2人で暮らす豆腐職人・島田勇作(小林)のもとに、東日本大震災で家族を失った少年・政美(荒井陽太)が引っ越してくる。深く傷ついていた政美だったが、勇作とふれあううち、次第に心を開いていく。

 「この映画は、震災で家族を失ってしまった子ども、そして、その子がどうやって生きていくかということを考えていただくことが大きなポイントであり、テーマです」と語る岩城は、「最近は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)や実際にその震災を体験された方への配慮として、“恐ろしい津波”のような映像が使われなくなってきました。しかし、本作はあえて使用しています。“被害を忘れないこと”“体験した子どもがどうやってそのあと生きる道を取り戻していったのか”ということが大きなテーマとしてあったからです」と本作に込めた思いを熱く語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >