2018/01/19 19:00

仏女優ブリジット・バルドーが「MeToo」運動を「売名行為」と非難

仏女優ブリジット・バルドー 写真:KCS/アフロ
仏女優ブリジット・バルドー 写真:KCS/アフロ

 [映画.com ニュース] 「素直な悪女」「軽蔑」「セシルの歓び」などの作品で知られるフランスの大女優ブリジット・バルドーが、ハリウッドで大きな高まりを見せている「#MeToo」運動について「ただの売名行為」と非難した。

 セックスシンボルとして世界中の人気を集めた83歳のバルドーは、仏パリ・マッチ誌のインタビューに応じ、セクハラ撲滅を訴える#MeToo運動に参加している女優たちを「ほとんどが偽善者でバカげている」と断言。「役を得ようと自分からプロデューサーに思わせぶりな態度で近寄っているくせに、後になってセクハラされたと主張している」と糾弾した。

 また、自身は「一度もセクハラの被害にあったことはない」と述べ、「男性たちからきれいだとか、小さくてステキなお尻だと言われるのは気分が良かった。そういった褒め言葉はうれしかった」と告白。#MeToo運動は「大事なテーマについて話し合う機会を奪っている」と述べた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >