2018/01/25 16:00

2017年の年間興収、メガヒットなくても歴代2位の2285億円7200万円

2000年以降では歴代2位
2000年以降では歴代2位

 [映画.com ニュース] 日本映画製作者連盟(映連)の新年記者発表が1月25日、都内のホテルで行われた。2017年の年間興収は2285億7200万円で、前年比97.1%。「君の名は。」や「シン・ゴジラ」のメガヒットで歴代最高を記録した16年から微減にとどめ、興収発表となった2000年以降では歴代2位となった。

 観客動員も1億7448万3000人で、前年比96.8%。一方で公開本数は過去最高の1187本と5年連続で1000本以上となり、邦画と洋画の内訳は54.9%対45.1%。洋画が前年比118.6%と躍進したが、岡田裕介会長は「前年割れではあるが、良かったと言える1年。洋画が盛り返し、興収10億円以上の作品の合計は洋画が上回ったが、邦画は5~10億円の作品が多く優位は変わらない。メガヒットがなくても、日本映画が全体として力を付け信用を得られている」と分析した。

 昨年の邦画の興収1位は、シリーズ最高を更新した「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」の68億9000万円。以下、「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」(44億3000万円)、「銀魂」(38億4000万円)と定番アニメ、人気コミックの映画化が続き、「君の膵臓をたべたい」が35億2000万円だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >